米韓演習に「軍事的挑発だ」 南北会談の中止発表[2018/05/16 10:30]

 北朝鮮は16日、米朝首脳会談を前に予定されていた南北閣僚級会談の中止を突然、発表しました。北朝鮮の狙いはどこにあるのでしょうか。

 (良永晋也記者報告)
 北朝鮮としては重要な日程を前に、対話の主導権を握りたいという思惑があります。そのうえで、今回の中止の理由に米韓合同の空軍軍事演習を挙げています。最新鋭のステルス戦闘機などが参加していて、北朝鮮は「板門店(パンムンジョム)宣言への露骨な挑戦であり、意図的な軍事的挑発だ」と不快感をあらわにしました。来月に予定されている米朝首脳会談の中止までも示唆しています。ただ、演習はすでに11日に始まっているため、今さら持ち出すことには疑問があります。怒りの理由は他に、14日に韓国の国会議員会館で行われた北朝鮮の元外交官・太永浩(テ・ヨンホ)氏の発言だという見方もあります。「北朝鮮は完全な非核化はしない」という趣旨で、これが北朝鮮を刺激したというものです。韓国にとってはまさに「寝耳に水」の状態で、まさに今、対応に追われています。まもなくコメントを出す予定です。