トランプ氏「承認するな」 G7首脳宣言に激しく反発[2018/06/10 19:09]

 G7首脳宣言に対し、アメリカのトランプ大統領は「担当者に承認しないよう指示した」と激しく反発しました。

 トランプ大統領は9日、ツイッターで議長国のカナダのトルドー首相について、「私が会合を退出した後に『アメリカの関税は屈辱的だ』と不満をぶつけた。彼はとても不誠実で弱い首相だ」と批判しました。そのうえで、「担当者に首脳宣言を承認しないよう指示した」と表明し、アメリカが今後、鉄鋼やアルミだけでなく、自動車にも追加関税を課す可能性を指摘しました。トランプ大統領はG7会合を途中で退出し、北朝鮮の金正恩委員長との会談のためにシンガポールに向かいました。