タイ 少年ら13人の救出活動 洞窟内に酸素を供給へ[2018/07/06 08:02]

 タイ北部の洞窟に閉じ込められている少年ら13人の救出活動で5日夜、洞窟内に酸素を送り込むための作業が行われました。

 洞窟内では多くの救助隊が空間を広げるためにドリルで岩を削るなど様々な活動を行っているため、空気中の酸素濃度が低くなるとの懸念があり、酸素を送り込む措置が取られたということです。救助隊によりますと、ホースをつなげると長さは5キロほどになることから、順調にいけば少年らがとどまっている場所にも酸素を送ることが可能になるということです。一刻も早い救出に向け、昼夜を問わず懸命な作業が続けられています。