ポンペオ長官訪朝 正恩氏側近と非核化期限など協議[2018/07/07 09:34]

 北朝鮮の非核化に向けた具体的な措置を議論するために北朝鮮を訪問中のアメリカのポンペオ国務長官は、金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長と協議を行いました。

 アメリカのメディアによりますと、協議の冒頭で金副委員長は「訪問がある度に信頼関係は深まる」と話し、ポンペオ長官は「生産的な協議になることを期待している」と応じました。協議では米朝首脳会談の共同声明に基づいて、非核化の方法や期限など具体的な措置を議論したとみられます。アメリカのCNNテレビは、トランプ政権が遅くとも8月末までには非核化の期限などの道筋を付けようとしているとの見方を伝えていて、今回、具体的な進展が得られるかが焦点です。ポンペオ長官は訪問中に金正恩委員長と会談する可能性もあります。