トランプ政権、最大120億ドル農業支援 貿易摩擦で[2018/07/25 12:24]

 アメリカのトランプ政権は中国などとの貿易摩擦で影響を受ける国内の農家のため、最大120億ドル、約1.3兆円の支援を行うと発表しました。

 アメリカの農産物には中国などとの貿易摩擦の結果、高い関税がかけられていて、農務省はその影響を合わせて110億ドル、約1.2兆円と見積もり、一時的な救済措置に乗り出しました。大豆やトウモロコシなどの農家に補助金が支払われるほか、果物や畜産農家からは売れ残りを買い取る方針です。国内の農家からの不満を和らげる狙いがあるとみられる一方で、トランプ大統領はアメリカが求める公正な取引のために中国などの製品に関税をかけ続ける姿勢を崩していません。