日系企業の貢献を米側にアピールへ 世耕大臣[2018/08/04 19:08]

 世耕経済産業大臣はアメリカのトヨタ自動車の開発拠点を視察し、日米貿易協議に向けて日系企業による地元経済への貢献をアメリカ側に強く訴える考えを示しました。

 世耕大臣は3日、ミシガン州デトロイト郊外にあるトヨタの研究施設を視察しました。トヨタは全米で約3万7000人の従業員を雇用していますが、世耕大臣は日系企業による投資や雇用の効果について、日米貿易協議を通じてトランプ政権に改めて主張する考えを示しました。
 世耕経産大臣:「今回の出張で見聞きしてきたことを(交渉担当の)茂木大臣にもしっかり伝え、アメリカ経済の一員になっている日本企業の声というのを交渉のなかで少しでも届けてもらえればと思う」
 また、世耕大臣は、トランプ政権が自動車の輸入制限を検討していることについて「緊密な日米同盟がアメリカの安全保障の脅威になることはない」と話し、アメリカ政府に自制を促しました。

こんな記事も読まれています