北朝鮮に核兵器の引き渡し再三要求か 米国務長官[2018/08/09 11:53]

 北朝鮮の非核化に向けた交渉を巡って、アメリカのポンペオ国務長官が北朝鮮に半年ほどで6割から7割の核兵器を放棄するよう求めていたとアメリカのメディアが報じました。

 アメリカのインターネットメディア「VOX」は交渉に詳しい関係者の話として、ポンペオ長官が北朝鮮側に半年から8カ月の間に核兵器の6割から7割をアメリカか第三国に渡すよう求めていたと伝えました。ポンペオ長官はこの2カ月の間に複数回、伝えていて、北朝鮮は毎回、拒否して度重なる要求に不快感を示したということです。また、ポンペオ長官の現段階での主な目標は「北朝鮮に保有する核兵器の数を公表させることだ」とも伝えています。