メラニア夫人の両親が米国籍取得に「矛盾」指摘[2018/08/11 09:33]

 トランプ大統領の妻でスロベニア出身のメラニア夫人の両親がアメリカ国籍を取得しましたが、トランプ大統領が家族を頼ってアメリカに移住することを批判していたため、メディアから矛盾を指摘されています。

 スロベニア出身のメラニア夫人はトランプ大統領と結婚し、2006年にアメリカ国籍を取得しています。その両親がアメリカ国籍に入るために必要な永住権は、メラニア夫人の支援で取得したとされています。トランプ大統領はこれまで、家族を頼ってアメリカに移住することを「移民の連鎖」として「受け入れられない」と批判してきました。メラニア夫人の両親の弁護士は「手続きは合法的だ」としていますが、国内からは「トランプ大統領は身内には甘い」と批判の声が上がっています。