“性的暴行疑惑”カバノー氏 米・最高裁判事に承認[2018/10/07 11:50]

 アメリカの議会上院は性的暴行疑惑が取り沙汰されていた保守派のカバノー氏を連邦最高裁判所の判事に承認しました。

 トランプ大統領が指名したブレット・カバノー氏を巡っては、過去の性的暴行疑惑が取り沙汰されていました。しかし、与党・共和党は裏付ける証拠はなかったとして採決に踏み切り、賛成多数でカバノー氏を連邦最高裁の判事に承認しました。これで9人いる最高裁判事のうち5人が保守派になり、今後、保守派寄りの司法判断が相次ぐと指摘されています。トランプ大統領にとっては来月の中間選挙に向けて、支持基盤である保守層への格好のアピールになります。議会周辺では採決に反対する数百人規模のデモが行われ、160人以上が逮捕されたということです。