逃げる移民を蹴りつけた女性カメラマン 逆転無罪に[2018/11/01 00:01]

 逃げる女の子を蹴り付け、世界中から非難された女性カメラマンに逆転無罪です。

 ハンガリーのテレビカメラマン、ぺトラ・ラースロー被告は2015年9月、セルビアとの国境付近で移民の女の子らを蹴り、その映像が世界に配信されました。他にも子どもを抱えた移民の男性の足を引っ掛けて転ばせるなどし、公序良俗の罪に問われて去年、有罪判決を受けていました。ハンガリーの最高裁判所は30日、「道義的に正しくはないが、暴力ではなく妨害行為」として逆転無罪の判決を言い渡しました。当時、ハンガリーにはシリアなどから多くの移民が押し寄せていました。

こんな記事も読まれています