グーグル大規模スト セクハラ退職元幹部に100億円[2018/11/02 15:02]

 アメリカのIT大手「グーグル」がセクシャル・ハラスメントで退職した元幹部に高額の退職金を払ったなどとして、世界各地の従業員が大規模なストライキを行いました。

 ストライキのきっかけとなったのは、2014年にセクハラを理由として元幹部が退職した際にグーグル側が9000万ドル、約100億円の退職金を払ったとするニューヨーク・タイムズの報道です。会社の不適切な対応などに抗議するため、本社があるカリフォルニア州のほか、ニューヨークやロンドン、シンガポール、そして、東京でも従業員がストライキに踏み切りました。
 参加した従業員:「ハラスメントを受けた人々の話を真剣に受け止め、隠さないで適切に対応してほしい」
 グーグルのピチャイ最高経営責任者は「社内に怒りと不満が広がっているのを知っており、ストライキに参加した従業員たちを尊重する。会社は彼らが提起した問題を解決するための措置を取る」としています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018