米中首脳が電話会談 貿易問題などについて議論[2018/11/02 15:03]

 アメリカのトランプ大統領は中国の習近平国家主席と電話で会談し、激化する一方の貿易問題などについて議論しました。

 トランプ大統領はツイッターで、習主席との電話会談について「長い時間で、非常に良い会談だった」と投稿しました。議題は米中の貿易摩擦が中心で、トランプ大統領がこれまで訴えてきたアメリカ企業が中国に進出する際に知的財産権の移転を強要される問題などを改めて提起したとみられます。一方、中国メディアも両者の電話会談について報道しました。トランプ大統領が「中国に対する輸出を引き続き拡大したい」と述べたのに対し、習主席は「ともに米中貿易協力を拡大する願いを持ち、実現できるよう力を尽くしたい」と答えたとしています。両者は北朝鮮情勢についても協議したとしています。アメリカと中国は今月、G20サミットが開かれるアルゼンチンで首脳会談し、貿易問題などを話し合う見込みです。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018