習主席、肝いり博覧会で市場開放アピール 米を意識[2018/11/05 17:01]

 上海で開幕した中国の輸入博覧会で、習近平国家主席は「多国間主義と自由貿易体制が打撃を受けている」と演説し、保護主義を進めるアメリカのトランプ政権を牽制(けんせい)しました。

 中国・習近平国家主席:「保護主義や一国主義が台頭し、経済のグローバル化が困難にあっている。多国間主義と自由貿易体制が打撃を受けている」
 輸入博覧会は中国が輸入の拡大を狙って開催しました。この開幕式で習主席は保護主義を進めるトランプ政権を牽制しました。また、「輸入博覧会は中国が自発的に世界に市場を開放するための重要な取り組みだ」と話し、アメリカとの貿易摩擦の緩和に向けて中国市場の開放をアピールしました。習主席はアメリカが問題視している知的財産の侵害について、「新たな制度を導入し、外国企業の知的財産を侵害する行為を厳罰する」と明言しました。