中国“独身の日”取引総額が3兆円超で過去最高に[2018/11/12 02:05]

 中国のインターネット通販大手「アリババ」による11月11日の「独身の日」の値引きセールの取引総額が約3兆4000億円となり、過去最高を更新しました。

 独身の日のアリババの取引総額は2135億元、日本円にして約3兆4000億円となり、去年の約2兆8000億円を上回りました。国別の取引額では去年に続いて日本が1位で、紙おむつや粉ミルクなど日本製のベビー用品や健康食品が売れ筋の上位を占めました。
 物流会社担当者:「(荷物の総重量は)3倍から4倍になると思う。上の人から下っ端まで全員、休まずに独身の日を無事、乗り切ります」
 中国当局によりますと、この影響で11日から16日までに約19億個もの荷物が配送される見込みだということです。