トランプ大統領 輸入車への追加関税の導入を示唆[2018/11/29 10:32]

 アメリカのトランプ大統領は大規模なリストラ策を発表したアメリカの自動車大手「GM(ゼネラル・モーターズ)」に計画の撤回を求めるとともに、輸入自動車への追加関税の導入を示唆しました。

 トランプ大統領は27日、アメリカやカナダの5つの工場の閉鎖を発表したGMに対し、ツイッターで「電気自動車を含むすべての補助金の打ち切りを検討している」などと書き込み、撤回を促していました。さらに28日にも、アメリカへ自動車を多く輸出している国が「何十年間もアメリカを悪用してきた」と不満を表し、「輸入自動車に対してトラックと同じように25%の関税を掛ければもっと多くの車がアメリカで生産され、GMは工場を閉鎖しないかもしれない」として追加関税の検討を進める考えを示しました。