中国 批判恐れ?「米車関税引き下げ」に説明避ける[2018/12/03 23:50]

 アメリカのトランプ大統領は「中国がアメリカからの輸入車の関税の引き下げに応じた」と発表しましたが、中国政府は確認を避けました。

 アルゼンチンでの米中首脳会談を終えてワシントンに戻ったトランプ大統領は「中国がアメリカからの輸入自動車に課している関税の引き下げ・撤廃に応じた」とツイートしました。首脳会談の際に中国側が40%の関税を今後、引き下げていくことに合意したという内容です。一方で、事実確認を求められた中国外務省は質問とは直接、関係のないコメントに終始して具体的な合意内容については言及しませんでした。中国国内で「アメリカに譲歩した」と受け止められることを懸念したとみられます。アメリカ政府は米中首脳会談のなかで、知的財産権の問題が90日以内に合意に至らなければアメリカが再び中国への追加関税に踏み切ることで合意したと発表しています。しかし、中国政府は、こういった国民から「弱腰」と批判される恐れのある内容については説明を避け続けています。