徴用工問題への懸念表明も…日韓議連が「共同声明」[2018/12/14 18:46]

 「深い懸念」の一方で、日韓の交流拡大が必要だと訴えました。

 ソウルを訪れている超党派の日韓議員連盟は、韓国の国会議員らと合同総会を開きました。日本側は韓国最高裁の元徴用工判決の問題や慰安婦問題について強い懸念を示し、韓国側に適切な対応を求めたということです。最終的に総会では、「困難な問題を管理して良好な両国関係を構築する」などとする共同声明が採択されました。また、来年の早い時期に文在寅(ムン・ジェイン)大統領による日本公式訪問の実現を目指すことも明らかにされました。