世界中から殺到 キリスト“生誕の地”でクリスマス[2018/12/25 17:23]

 イエス・キリスト生誕の地でクリスマスが祝われました。

 24日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区のベツレヘムの広場では、高さ約16メートルのツリーが設置され、世界中から集まったキリスト教徒や観光客がクリスマスを祝いました。また、広場に隣接するキリストが生まれたとされる教会では、24日深夜からクリスマスミサが行われました。ベツレヘムは近年、治安の悪化やトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことによる混乱で訪れる人が減少していましたが、パレスチナ観光相によりますと、巡礼者や観光客でクリスマスイブのホテルはほぼ満室だったということです。