日本刀で美女をバッサリ…“仕事人”はチョイ悪親父[2018/12/30 18:42]

 スペインの首都マドリードに店を構える美容師が独創的過ぎるカット技術で人気になっています。

 美容師歴30年のベテラン、アルベルトさん(54)が構えているのは、そう、刀です。サムライのように鮮やかな剣さばきで女性の長い髪を整えていきます。さらに、炎も登場。燃やして、燃やして、さらに燃やします。毛先に火をつけ、焦げた部分をくしでパラリ。
 女性客:「特に何も感じません。少し焦げた鶏肉の臭いがするだけ。結果を見れば分かるわ。髪がより強く、早く伸びてうれしい」
 アルベルトさんは、切り方によって刀を使い分けるほか、中世の騎士が使うような巨大な剣や、狼男のようなかぎ爪まで使います。
 女性客:「髪がどうなるか仕上がりは心配だったけど、炎やかぎ爪は怖くなかったわ」
 かつて、はさみを使う従来のカットの仕上がりに幻滅していたアルベルトさん。歴史好きだったこともあり、昔はどうやって髪を切っていたのか疑問を持ちます。そして、古代の理髪師が短剣を使ったことを知り、技を極めていったそうです。新たな挑戦を続けるアルベルトさんは次なるカット技術として精密レーザーの導入を考えています。