韓国大統領「政府の介入避けたい」 徴用工問題で[2019/01/10 11:52]

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の年頭の会見で、文大統領が徴用工問題について話をしました。

 (高橋政光記者報告)
 文大統領は会見のなかで、日韓関係について公の場で初めて言及しました。その内容は、日本政府が韓国側の対応を非難していることを念頭に、謙虚な姿勢を見せるべきだというふうに日本の対応を非難しています。そして、日本側が政治問題化しているとして、日韓関係の未来志向に水を差すことをしてはならないというふうに厳しい発言をしています。さらに、徴用工訴訟の対応については、韓国は三権分立しているので、司法の判断に政府が介入することは避けたいという意向を示しています。こうしたことから現在、冷え込んでいる日韓関係ですが、改善の兆しになるような発言は今のところないという状況です。