政府閉鎖は過去最長 壁の費用上回る経済損失に懸念[2019/01/13 08:52]

 国境の壁を巡る対立によるアメリカの政府機関の一部閉鎖は3週間を超え、史上最長になりました。経済的な損失を懸念する声が広がっています。

 トランプ大統領が公約として掲げる国境の壁の予算を巡る対立によって、予算が成立していない政府の一部機関の閉鎖は12日で3週間を超え、過去最長となりました。予算規模で約25%の政府機関が影響を受けていて、全米で80万人の職員が無給のままです。そのうち38万人が自宅待機に、42万人が給与未払いのまま業務を続けています。一部のメディアは政府閉鎖が長期化した場合の経済的な損失はトランプ大統領が求める壁の建設費用57億ドル、日本円で約6000億円余りを上回るという試算を報じています。野党・民主党は反対姿勢を崩さず対立解消のめどが立たないなか、トランプ大統領は非常事態を宣言して壁の予算を確保する方法を検討しています。トランプ大統領はツイッタ―に「私は選挙を勝ち抜いた。壁の建設は私の公約の一部だ。選挙の結果を尊重しなければならない」と投稿し、強硬な姿勢を崩していません。