日ロ外相会談後の共同会見 「日本側が拒否」と批判[2019/01/14 10:31]

 ロシアで14日に北方領土問題などを巡って河野外務大臣とロシアのラブロフ外相との会談が開かれますが、共同記者会見は行われません。これについて、ロシア側は日本側が開催を拒否したと批判しました。

 ロシア外務省のザハロワ報道官は13日、国営テレビ番組で「日本側から会談結果についての共同会見を行わないよう要請があった」と述べました。そのうえで、日本側は記者会見を拒む一方で「様々な情報を流して状況を緊張させている」と指摘し、その姿勢を「不可解で矛盾している」と非難しました。日本政府関係者は「今回は日ロ双方に共同会見の要望がなかった」と説明しています。ロシア側には日本の姿勢を牽制(けんせい)することで交渉を優位に進める狙いもあるとみられます。