米中閣僚級貿易協議 中国側「重要な進展があった」[2019/02/01 12:44]

 ワシントンで開かれていたアメリカと中国の貿易問題を巡る閣僚級協議について、中国側は「重要な進展があった」と伝えました。

 中国メディアは、今回の閣僚級協議について「建設的な議論を行い、重要な進展があった」と評価しました。中国側からは、アメリカから農産物やエネルギー製品などの輸入を拡大することを提案したということです。また、知的財産権の侵害や技術移転の強制を巡る問題については協力強化を合意し、「中国は積極的にアメリカの懸念に応じる」と譲歩する姿勢をにじませました。具体的な進展の中身については明らかにされませんでしたが、今月中旬にライトハイザー代表などアメリカの代表団が訪中し、再び協議するということです。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2019