在韓米軍の経費負担増へ 韓国、縮小ムード懸念か[2019/02/05 11:55]

 アメリカのトランプ大統領は韓国に駐留するアメリカ軍の費用の負担を増やすよう韓国政府に求めていましたが、韓国がこれに応じて年間約1100億円にすることで合意しました。

 アメリカの「CNNテレビ」は約3万人の在韓アメリカ軍のための費用について、韓国政府がこれまでの年間約880億円から負担を増やして1100億円を支払うことで合意したと伝えました。アメリカ国務省は合意を認め、「韓国の同盟を支援する重要な貢献に感謝する」としています。合意は今のところ、1年限りで、韓国政府がトランプ大統領の要求に配慮した形になりました。韓国政府はトランプ大統領が北朝鮮の非核化に対する見返りとして、在韓アメリカ軍の縮小などに言及することを懸念したとみられます。