6歳男児が母親の前で殺害される サウジアラビア[2019/02/12 08:02]

 イスラム教の聖地の一つ、サウジアラビアのメディナで、巡礼に来ていた6歳の男の子が母親の目の前で男に首を切られて殺害される衝撃的な事件が起きました。

 現地メディアなどによりますと、サウジアラビアのメディナで先月、6歳の男の子と母親がモスクを訪れるためタクシーに乗っていたところ、突然、運転手の男が車を止めて男の子を外に連れ出しました。男は近くの飲食店にあったグラスを割り、男の子の首を複数回刺して殺害したということです。男はその後、逮捕されました。男はイスラム教スンニ派で、客として乗せた親子が自分とは宗派の違うシーア派だと気付き、犯行に及んだということです。サウジアラビアではスンニ派のなかでも厳格なワッハーブ派が国教とされ、シーア派への敵視政策が長年続いています。