人道支援受け入れを…ベネズエラで大規模反政府デモ[2019/02/13 14:55]

 政治的な混乱が続く南米ベネズエラで大規模な反政府デモが行われ、政府が拒否している人道支援の受け入れを求めました。

 反政府デモは首都カラカスをはじめ、ベネズエラ各地で行われ、市民ら数万人が参加しました。暫定大統領への就任を宣言したグアイド国会議長は「国民は飢えや貧困に苦しんでいる」と訴え、政府が拒否しているアメリカなどからの人道支援の受け入れの必要性を強調しました。一方、ベネズエラのアレアサ外相はニューヨークの国連本部で会見を開き、「人道危機は存在しない」と述べ、アメリカによる制裁こそが国民を苦しめていると反論しました。