ドクさんのレストラン閉店 開店間もなく体調不良に[2019/02/15 15:01]

 結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさん(37)が先月、ベトナムでオープンさせたばかりの日本風レストランを体調不良を理由に閉店すると発表しました。

 ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤の影響によって結合双生児として生まれたとみられるドクさんは先月6日、ホーチミン市内に日本風のレストラン「DUC NIHON」をオープンさせました。分離手術の際などに日本から受けた支援に感謝したいとして、店ではメニューにうどんなどを取り入れ、自ら接客にもあたっていました。しかし、開店から1カ月ほど経ったころから体調不良を感じるようになり、先週は4日間、入院していました。ドクさんはANNの取材に対し、「この状況ではお店は続けられない。必ず回復するので、見守ってほしい」と話しています。