来週に米朝会談 ベトナム、中国との国境で住民統制[2019/02/22 05:54]

 来週の米朝首脳会談を前に、中国と国境を接するベトナムの街では当局による地元住民への統制が始まっています。

 金委員長が列車で入国する場合に利用するドンダン駅の周辺では、多くの住民が当局による規制を受けたと証言しました。一方、北朝鮮と国境を接する中国・遼寧省丹東市では、当局が一部のホテルに対して23日から宿泊を禁止するよう通知しました。金委員長は23日に平壌を特別列車で出発し、中国を通過するとみられます。首脳会談が行われるハノイでは21日、アメリカのビーガン特別代表と北朝鮮のキム・ヒョクチョル氏らによる実務者協議が行われました。協議後、ビーガン特別代表はハノイのアメリカ大使館を訪れていて、協議内容について本国へ何らかの報告をしたとみられます。