米朝首脳会談を終え金委員長が中国国内を移動中[2019/03/03 06:21]

 米朝首脳会談を終えて帰途に就いている金正恩委員長は、平壌に向かって特別列車で中国国内を移動しています。

 金委員長がベトナムから中国側に入って15時間が経ちました。列車は現在、中国南部の湖南省を北に向かっているとみられます。注目は、途中で北京に立ち寄って習近平国家主席と会談するかどうかで、真っすぐ北京に向かえば4日午前にも到着する見通しです。北朝鮮のアドバイザー役として対米交渉を下支えしてきた中国としては、金委員長から直接、トランプ大統領の真意を聞きたいところです。ただ、中国では国会にあたる全国人民代表大会が始まる時期で、通常は外国の要人を受け入れないため否定的な見方も出ています。