“米朝合意なし”を初報道 なぜか日本にも責任転嫁[2019/03/08 17:35]

 北朝鮮メディアはベトナムで開かれた米朝首脳会談が合意なく終わったことを初めて伝え、アメリカに責任があると強調しました。

 8日付の労働新聞は、2回目の米朝首脳会談について「内外は予想外に合意なしに終わったことをアメリカに責任があると一様に主張し、残念に思ってため息を禁じ得ないでいる」と報じました。また、「日本の反動層だけは期待したうれしいニュースに接したように拍手して憎らしく振る舞っている」と日本を批判しています。北朝鮮はアメリカだけでなく日本にも責任を転嫁し、金正恩委員長への批判をかわす狙いがあるとみられます。