震災忘れないよう「3.11」から8年 米各地でも追悼[2019/03/11 10:32]

 東日本大震災から11日で8年です。アメリカ各地でも追悼式典が行われ、犠牲者に祈りが捧げられました。

 ロサンゼルスでは、被災者が8年前に呼び掛け、追悼集会が毎年開催されています。
 集会を呼び掛けた鵜浦真紗子さん:「自分自身が気仙沼で胸まで水につかって九死に一生というのは大きいけど、無念のなかで亡くなった人々が私の背中を押してくれていると毎回感じる」
 カリフォルニア州では、東日本大震災の津波で男性1人が死亡し、港や船舶への被害が出ました。この集会は追悼とともに防災意識を高める場にもなっています。また、ニューヨークでも追悼式典が開かれ、日系人ら約400人が参列しました。11歳の時に震災で家を失い、自らの体験を語り継ぐ活動を続けている宮城県名取市出身の三浦七海さん(19)が震災を忘れないよう訴えました。