米中貿易協議「重要な問題が残っている」[2019/03/13 06:41]

 アメリカのUSTR(米通商代表部)のライトハイザー代表が中国との貿易協議について、知的財産権の保護などを巡って「重要な問題が残っている」と指摘しました。

 ライトハイザーUSTR代表:「解決されなければならない重要な問題が残っている。アメリカに有益な形で解決されなければ、合意はできない」
 ライトハイザー代表は上院の公聴会で数週間以内に合意することを期待した一方で、アメリカ企業に対する技術移転の強要や、中国の政府主導の産業政策などの問題で依然として溝があることを明らかにしました。これらの問題について、トランプ大統領は習近平国家主席との会談で解決したい考えですが、首脳会談に向けた議論がまとまるかは不透明です。ライトハイザー代表は11日、中国の劉鶴副首相と電話で会談していて、13日にも中国側と電話で協議をする予定だと明らかにし、調整が続けられています。