李首相「中国のやり方ではない」 スパイ批判に反論[2019/03/16 05:52]

 中国の李克強首相は、中国政府が中国の企業にスパイ行為をさせているという欧米などからの批判に対して「中国のやり方ではない」と反論しました。

 中国・李克強首相:「(スパイ行為は)中国の法律に適合せず、中国のやり方でもない」
 李首相は、国会にあたる全人代の閉幕後の記者会見で中国の企業にスパイ行為をさせているという批判に「現在も将来も絶対にしない」と強調しました。中国は、全人代で外国企業の技術を保護する「外商投資法」を採択するなど大詰めを迎えているアメリカとの貿易協議を念頭に、トランプ政権が求める構造改革に取り組む姿勢をアピールしています。