小平・李に「韓日友情賞」 平昌五輪の友情を後世に[2019/04/07 16:48]

 去年の平昌(ピョンチャン)オリンピック、スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手が銀メダルの李相花(イ・サンファ)選手とともに「韓日友情賞」を受賞しました。

 小平選手は7日、ソウル市内で授賞式に出席しました。地元でのオリンピック3連覇を逃した韓国の李選手を称えた姿が「メダルの色を超えた友情物語」として話題を集め、平昌記念財団が後世に伝える事業として表彰したものです。
 スピードスケート・小平奈緒選手:「『奈緒がいて私がいる。私がいて奈緒がいる』。これはお互いから学び、励まし励まされ、選手として、また人として成長してきた私たちを表す(李選手からの)メッセージだと感じました」
 スピードスケート・李相花選手:「奈緒と一緒に平昌オリンピックに出て、それをきっかけに人間として、選手として成熟できたきっかけになったと思います」
 2人は一緒に写真を撮るなど仲むつまじい姿が見られました。