EU離脱10月末まで延期 “合意なき離脱”当面回避[2019/04/11 10:31]

 イギリスのEU(ヨーロッパ連合)からの離脱の期限を巡ってEU首脳が緊急会議を開き、10月末まで再び延期をすることで合意しました。

 EUの緊急首脳会議では12日に迫ったイギリスの離脱期限を再び延期することについて話し合われ、その期間の長さが焦点になりました。EUのトゥスク大統領は最長で1年の延期を提案していましたが、フランスのマクロン大統領が反発するなど意見は割れ、会議は5時間にも及びました。最終的には10月末までの延期で合意しました。
 イギリス、メイ首相:「EU離脱により、国を前進させるという国民投票での決断を実現する義務がある。それが何よりも重要だ」
 「合意なき離脱」は当面、回避されましたが、イギリス議会で離脱協定案が承認される見通しは依然として立っていません。