関税引き上げまでわずか 米中が瀬戸際の貿易協議[2019/05/10 10:32]

 アメリカが中国に対する制裁関税を引き上げる期限が1時間余り後に迫るなか、米中の閣僚がワシントンで貿易協議に臨みました。

 ワシントンに到着した中国の劉鶴副首相は、アメリカのライトハイザー通商代表らと夕食を交えて4時間余り協議しました。2日間の日程のうち初日の話し合いは終わりましたが、内容は発表されていません。
 アメリカ、トランプ大統領:「合意の重要な部分である知的財産の窃取問題で、中国側は仕切り直しをしようとした。それは許されないことだ」
 これまでの交渉で中国は合意文書の大半を修正したほか、アメリカが求めている知的財産の保護を義務付ける法改正を拒否しているとされ、アメリカは反発を強めています。また、中国による国営企業への補助金の扱いも焦点になっています。このまま進展がなければアメリカはこの後、日本時間の10日午後1時すぎに中国に対する追加の制裁関税を現在の10%から25%に引き上げる方針です。