試合で勝って女性記者にキス 公聴会で罰金などに[2019/05/15 18:55]

 女性リポーターに突然、キスをしました。

 記者:「あなたにもチャンスがあると思う?」
 ブルガリア、クブラト・プレフ選手(38):「思うね」
 ブルガリア人ボクサーのクブラト・プレフ選手は、アメリカ・カリフォルニア州で3月に行われた試合後、女性リポーターにキスをして訴えられ、出場停止処分になりました。カリフォルニア州の格闘技協会は14日に公聴会を開き、プレフ選手に対して日本円で約27万円の罰金の支払いとセクハラ防止の講義を受けることを命じました。公聴会にはプレフ選手の彼女も出席するなか、プレフ選手はキスしたことを謝罪しました。