ボルトン氏「国連決議違反疑いない」北朝鮮を批判[2019/05/25 11:50]

 日本を訪れているアメリカのボルトン大統領補佐官は、北朝鮮が今月発射した短距離弾道ミサイルを「国連安保理決議違反だ」と強調しました。

 安全保障を担当するボルトン大統領補佐官は25日朝、メディアの取材に応じ、今月、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したことについて、「国連の安全保障理事会の決議はどのような弾道ミサイルの発射も禁止していて決議違反は疑いようがない」と強調しました。ただ一方で、「トランプ大統領の金正恩委員長との交渉の扉は開かれている」とも述べ、対話は維持する考えを示しています。