イラン大統領「アメリカが制裁停止なら協議可能」[2019/05/29 22:03]

 イランとアメリカの間で軍事的緊張が高まるなか、イランのロウハニ大統領は「アメリカの対応次第で協議は可能」との考えを示しました。

 イランのロウハニ大統領は29日、「アメリカが経済制裁を停止し、核合意のもとで約束を履行すれば対話の扉は閉じられない」と述べ、アメリカの対応次第で協議に応じる可能性を示唆しました。一方、先日、UAE(アラブ首長国連邦)の沖で石油タンカー4隻が攻撃を受けた問題で、アメリカの対イラン強硬派であるボルトン大統領補佐官が「イランの機雷が使われた」との見方を示す一方、イラン外務省は「滑稽な主張だ」と反発しています。そうしたなかでの今回のイランからの歩み寄りに対し、トランプ政権の今後の対応が焦点となります。

こんな記事も読まれています