徴用工で韓国大統領「政府が作り出したものでない」[2019/06/26 22:33]

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日からのG20を前に、元徴用工を巡る問題は「韓国政府が作り出したものではない」などと述べ、日本側が主体的に解決に関わるべきだとの考えを示しました。

 通信社の合同取材に応じた文大統領は、元徴用工の問題を「韓国政府が作り出しているのではない」としたうえで、「被害者の苦痛をどのように癒やすか日韓が知恵を絞るべきだ」と述べました。また、韓国政府が示した日韓の企業による補償案については「当事者の和解を図りつつ、日韓関係を前進させる措置だ」と意義を強調しました。そのうえで、「私はいつでも対話のドアを開いている」と安倍総理大臣が希望すれば会談に応じる姿勢を示しました。一方、北朝鮮問題については日朝関係の正常化が必要不可欠だとしたうえで、安倍総理が呼び掛けている日朝首脳会談の無条件開催を「積極的に支持し、協力する」と述べています。また、アメリカと北朝鮮の非核化交渉に関して寧辺(ニョンビョン)の核施設の検証と廃棄が行われれば「後戻りできない非核化の段階に入ったと評価できる」との考えも併せて示しました。