67%が「日本製品不買運動に参加」韓国の世論調査[2019/07/11 16:02]

 半導体材料などの輸出規制が波紋を広げるなか、韓国国民の3人に2人が「日本製品の不買運動に参加する」と考えていることが世論調査で分かりました。

 韓国の世論調査会社「リアルメーター」が10日、韓国の成人約500人にアンケートをした結果、「日本製品の不買運動に参加する」と回答した人が66.8%に上りました。また、「すでに参加している」と回答した人も全体の半分近い48%に達しています。韓国では一部の小売業者らが輸出規制に反発し、日本製の食料品などを店頭から撤去する動きが相次ぐ一方、「韓国側も打撃を受ける」と冷静な対応を求める声も上がっています。一方、韓国が軍事転用可能な戦略物資を不正に輸出していた問題で、韓国の産業通商資源省は11日午前に北朝鮮への横流し疑惑を改めて否定しました。そのうえで、「日本は根拠のない非難を中断すべきだ」と強調しました。

こんな記事も読まれています