韓国が戦闘機で警告射撃 ロシアが“領空侵犯”[2019/07/23 15:00]

 韓国軍は島根県の竹島周辺で23日朝、ロシアの軍用機が韓国の領空を侵犯したとして戦闘機で警告射撃をしたと発表しました。

 韓国軍によりますと、ロシア軍機は午前9時すぎ、2度にわたって竹島周辺で韓国が主張する領空を侵犯しました。ロシア軍機が韓国領空を侵犯したのは初めてで、韓国軍は戦闘機を緊急発進させてロシア軍機に警告射撃を行いました。また、午前7時前から別のロシアと中国の軍用機合わせて4機が韓国の防空識別圏に出入りを繰り返していて、合同で訓練を実施した可能性もあります。日韓が領有権を主張する竹島周辺でロシアと中国がこうした軍事行動を取った意図は分かっておらず、韓国軍が分析をしています。韓国の国防省と外務省は今後、ロシアと中国の大使館に抗議する方針です。