ブタがマラソン大会出場 数々の“完走メダル”も[2019/08/13 20:07]

 走る喜びを感じているのは人間だけではないようだ。タイのマラソン大会に出場したのは雄のブタ。数々のマラソン大会に出場し、走る姿は人々に勇気を与えていた。

 タイで開かれたマラソン大会。スタートの合図を待つ約1万3000人のランナーに交じっていたのはなんと、ブタだ。名前はチャオガイ君。このチャオガイ君、とんでもないランナーだった。
 タイ東部チョンブリー県の飼い主の自宅にはメダルがずらり8個も。10キロレースに参加したこともあるというから本格的だ。自宅ではリラックスした様子のチャオガイ君。ところが練習では、人が変わったように、いや、豚が変わったように走り出した。
 チャオガイ君のマラソン初挑戦は生後3カ月の時。元々、ランナーだった飼い主が日課の散歩の代わりにマラソン大会で一緒に走ったことがきっかけだったという。ただ、体重が70キロを超え…。
 チャオガイ君の飼い主:「太ったので、走ってけがをするのが心配です」
 足への負担から今回の大会が最後のレースになるという。迎えた大会当日。チャオガイ君は3キロの部にエントリー。出だし快調と思われたが、マイペースでレースを楽しむチャオガイ君。水たまりを見つけると誘惑に負け、ゴロン。残念ながら完走を断念したチャオガイ君。マッサージを受け、水を飲み、なんとかゴール地点へ。参考記録ながら1時間44分でゴール。
 車椅子で大会に参加した少年:「チャオガイが走るのを見て、僕ももっと走ろうと思ってたくさんのレースに参加したんだ」
 ただ、その走りが周囲に勇気と感動を与えたことは確かなようだ。