米国防総省が再び声明発表 韓国を強く批判[2019/08/23 06:54]

 アメリカの国防総省は報道官による声明を発表し、韓国政府の決定に対して強い懸念と失望を表明すると発表しました。また、「安全保障上の連携は他の分野での摩擦に関わりなく、維持されるべきだと信じる」と述べるなど、強い調子で韓国政府の決定を批判しています。国防総省は当初、日韓両政府に対して問題の解決を促す声明を発表していましたが、その2時間後には一転してより強いトーンの声明を発表し、韓国政府に対する懸念を表明する形となりました。