中国外務省は「協定破棄」を歓迎の姿勢[2019/08/23 21:10]

 韓国が日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄したことについて、中国外務省は歓迎する姿勢をにじませました。

 中国外務省は23日の記者会見で「軍事協力の展開や中止は主権国家の自主的な権利だ」と述べ、GSOMIAの破棄を決めた韓国政府を擁護する姿勢を見せました。そのうえで、GSOMIA自体については「二国間協定は朝鮮半島の平和に役立つべきで、第三者に損害をもたらすべきではない」と不快感を示しました。