米の“保護主義”や貿易摩擦に各国懸念 G7サミット[2019/08/26 12:25]

 フランスで開かれているG7サミットは世界経済や貿易について議論し、アメリカのトランプ政権が進める保護主義的な政策に各国から懸念が示されました。

 G7サミットの協議はWTO(世界貿易機関)の改革や自由貿易体制の重要性でおおむね一致したということです。一方で、アメリカと中国の貿易摩擦の深刻化を念頭に、景気後退のリスクがあることなど各国の首脳から懸念の声が相次ぎました。しかし、トランプ大統領はG7サミットの期間中も中国に対する制裁関税の引き上げに肯定的な発言をしていて、アメリカと各国の溝は埋まっていません。最終日の26日は気候変動問題や北朝鮮情勢について議論されるとみられ、サミットの成果が問われています。