習近平主席、「北朝鮮建国71年」で金委員長に祝電[2019/09/09 18:05]

 中国の習近平国家主席は9日、北朝鮮の建国71年の記念日に合わせて金正恩委員長に祝電を送りました。

 習主席は祝電で「熱烈な祝賀と真摯な祝意を送る」と金委員長をたたえました。さらに、「金委員長同志を中心とした朝鮮労働党の指導のもと、朝鮮社会主義事業は必ず新たな成果を遂げると信じている」と強調しました。一方、去年は記されていた「地域の平和と安定を促進したい」という文言はなく、「両国の友好関係を新たな歴史的な段階へより発展させたい」と示しました。中国と北朝鮮は来月6日に国交樹立70年を迎えます。今月初めには王毅外相が平壌を訪問し、先月には北朝鮮の軍幹部が中国を訪問するなど双方の動きは活発化していて、金委員長の“5回目”の訪中に向けた布石だとする見方もあります。