仏の国際的指揮者コンクールで沖澤のどかさんが優勝[2019/09/22 03:18]

 日本人女性が快挙です。世界的な指揮者の登竜門「ブザンソン国際若手指揮者コンクール」で日本の沖澤のどかさんが優勝を果たしました。

 沖澤さんは青森県三沢市出身の32歳で、去年の東京国際音楽コンクールの指揮部門で女性として初めて1位を獲得しています。参加者約300人から3人に絞られた21日の決勝ではシュトラウスの交響詩「死と変容」など課題曲2曲を大胆に指揮し、会場から大きな喝采を浴びました。日本人指揮者の優勝は2011年以来です。ブザンソン国際若手指揮者コンクールは60年以上の伝統を持ち世界的にも評価の高いコンクールで、過去には小澤征爾さんや佐渡裕さんも優勝しています。