ポンペオ氏の“弾圧”発言に中国「乱暴な内政干渉」[2019/09/24 10:06]

 中国政府によるイスラム教徒の少数民族「ウイグル族」に対する弾圧を批判したアメリカのポンペオ国務長官に、中国外務省が「乱暴な内政干渉だ」と強く非難しました。

 ポンペオ長官は22日、中国政府によるウイグル族に対する弾圧について「自国民のイスラム教の信仰や文化を抹殺する試みだ」と強く批判しました。これに対して中国外務省は23日、ポンペオ長官の発言を念頭に「アメリカのある政治家は中国の政策に泥を塗り、乱暴に中国の内政に干渉した」と批判しました。また、「アメリカの利益を損なわないために、中国政府に反対する勢力と仲間にならないでほしい」と牽制(けんせい)しました。アメリカと中国の貿易摩擦が泥沼化するなか、人権問題を巡っても両者の対立が深まっています。

こんな記事も読まれています