トランプ大統領 国連で演説“アメリカ第一主義”[2019/09/25 06:21]

 アメリカのトランプ大統領が国連で演説し、同盟国に対して軍事費の負担を求めるなどアメリカ第一主義を前面に打ち出しました。

 トランプ大統領:「賢明なリーダーは常に自らの国民、国家を第一に優先させる。未来はグローバリストのためではなく、愛国者のためにある」
 トランプ大統領は、「アメリカがこれまで担ってきた軍事負担を同盟国も肩代わりすべきだ」と指摘し、持論のアメリカ第一主義を強調しました。また、中国との貿易交渉については知的財産の侵害や産業障壁などを批判し、「アメリカの利益にならない合意はしない」と強硬姿勢を示しました。一方、対立を深めているイランには核保有を認めない考えを改めて示しながら対話も呼び掛けました。